Home » 今週のまとめ » 2024年7月第1週の東京株式市場動向と上昇率ランキング

2024年7月第1週の東京株式市場動向と上昇率ランキング

今週のまとめ

市況概観

名前 始値 高値 安値 終値 前週末比(%) 売買高
日経平均 39839.82 41100.13 39457.62 40912.37 1329.29(3.36%) 852778
TOPIX 2831.63 2906.8 2816.87 2884.18 74.55(2.65%) 852778
マザーズ 663.72 663.93 644.5 657.45 -3.79(-0.57%) 473119600
日経VI 16.22 17.16 15.72 16.76 0.63(3.91%)
NYダウ 39186.2 39438.36 39037.94 39375.87 257.01(0.66%) 2113590146
NASDAQ 17773.9 18366.31 17657.64 18352.76 620.16(3.5%) 3615093423
S&P500 5471.08 5570.33 5446.53 5567.19 106.71(1.95%)
香港ハンセン 17669.42 18133.3 17669.42 17799.61 81(0.46%)
上海総合 2965.245 3004.987 2920.21 2949.933 -17.47(-0.59%)
国債先物 11749.94 11749.94 11749.94 11749.94 4.11(0.03%)

今週の日経平均は前週末比+1329.29円の40912.37円で取引を終えています。

NI225

2024年7月1日(月)東京株式市場は続伸し、好地合いが続きました。米国の利下げ観測が強まり、リスク選好の買いが入ったことが背景です。特に輸出関連株や資源関連株が買われました。

2024年7月2日(火)日経平均株価は大幅続伸し、4万円台を回復しました。円安進行が追い風となり、海運や金融などのバリュー株に投資資金が流入しました。

2024年7月3日(水)東京株式市場は4日続伸し、日経平均株価は大幅高となりました。米国株高の流れを受け、半導体株や電子部品株が上昇しました。

2024年7月4日(木)日本市場では株式が5営業日続伸し、東証株価指数(TOPIX)と日経平均株価は史上最高値を更新しました。米国の利下げ観測が強まり、リスク選好の買いが入りました。

2024年7月5日(金)東京株式市場は堅調な動きを見せました。米国の経済指標の下振れで利下げ観測が高まり、リスク資産への買いが続きました。

※本投稿はGPT4を使用した投稿になっているため、情報は不正確な可能性があります。

今週の上昇率ランキング

順位 銘柄名<コード> 現在値(円) 前週末比(%) 前週末比(円) 出来高(株)
1 セルシード<7776> 540 +52.54% +186 87,029,400株
2 アズジェント<4288> 801 +49.72% +266 6,255,200株
3 Chordia Therapeutics<190A> 254 +47.67% +82 89,142,800株
4 エコノス<3136> 915 +44.32% +281 23,600株
5 大黒屋ホールディングス<6993> 41 +36.67% +11 442,326,500株
6 ダイドーリミテッド<3205> 1,095 +35.69% +288 17,561,000株
7 アールプランナー<2983> 1,107 +28.57% +246 637,000株
8 ブライトパス・バイオ<4594> 71 +24.56% +14 19,180,100株
9 ザインエレクトロニクス<6769> 1,677 +23.31% +317 14,284,000株
10 グラッドキューブ<9561> 775 +23.21% +146 692,900株

今週のまとめ

松屋フーズホールディングス<9887>

松屋フーズホールディングス<9887>
市場・商品区分プライム(内国株式)
33業種区分小売業17業種区分小売
始値6300円終値6280円
高値6360円安値6260円
前週末比-20円(-0.32%)売買高23000株
会社概要

牛丼チェーン店。とんかつ店やラーメン店も。テイクアウト。

配当24円PER62.98
配当利回り0.38%PBR2.72
配当性向24.07EPS99.71
時価総額119721百万円貸借倍率0.03
同社は1日、6月度の月次報告(速報)について、既存店売上高は前年同月比20.3%増となり、伸び率が前月の17.3%増から拡大していると発表。これを受けて今週は前週末比-0.32%の円で取引を終了しています。株価チャートの分析においては、松屋フーズの株価がこの好調な業績発表を受けて上昇するかどうかが注目されます。株価チャートでは、価格変動を時間軸に沿ってグラフィック化し、過去のデータを基に将来の動向を予測することができます。特に、この種の業績発表は短期的な株価変動に大きな影響を与える可能性があります。好調な業績発表が正確である場合、投資家からの買い注文が増え、株価が上昇する傾向にあります。しかし、株価は多くの要素によって左右されます。そのため、単一の業績発表だけではなく、業界全体の動向、経済状況、市場の心理なども考慮に入れる必要があります。また、株価チャートの分析においては、テクニカルインジケーターを用いて、過去の価格変動パターンを分析し、トレンドやリバランス点などの情報を得ることも重要です。

持田製薬<4534>

持田製薬<4534>
市場・商品区分プライム(内国株式)
33業種区分医薬品17業種区分医薬品
始値3285円終値3290円
高値3330円安値3285円
前週末比+5円(+0.15%)売買高30100株
会社概要

医薬中堅。高脂血症薬。降圧剤や産婦人科系。ヘルスケアも。

配当80円PER20.82
配当利回り2.43%PBR0.91
配当性向50.63EPS158.02
時価総額123276百万円貸借倍率1
2日午前10時、損傷した末梢神経を修復・再生する神経再生誘導材「ReFeel」(一般名:Nerve Cuff)について、米食品医薬品局(FDA)より510(k)許可を取得したと発表。これを受けて今週は前週末比+0.15%の3290円で取引を終了しています。株価チャートの分析においては、承認の発表直後には通常、株価が短期的に上昇することが観察されます。しかし、その後の動きは多くの要素によって左右されます。例えば、市場全体の動向、関連するニュース、さらには持田製薬自身の業績報告書などが影響を及ぼします。また、承認された製品が市場で成功裏に展開されるかどうか、またその製品が予想以上の売り上げや利益をもたらすかどうかも、株価に大きく影響を与えます。

網屋<4258>

網屋<4258>
市場・商品区分グロース(内国株式)
33業種区分情報・通信業17業種区分情報通信・サービスその他
始値2607円終値2634円
高値2750円安値2575円
前週末比+29円(+1.11%)売買高127200株
会社概要

データセキュリティ事業とネットワークセキュリティ事業。クラウドネットワーク構築・運用も。

配当0円PER33.89
配当利回り0%PBR6.08
配当性向0EPS77.72
時価総額11332百万円貸借倍率0.2
1日、クラウド型ネットワークインフラサービス「Network All Cloud」に関して、キヤノンマーケティングジャパン<8060>と販売代理店契約を締結したと発表。これを受けて今週は前週末比+1.11%の2634円で取引を終了しています。まず、この契約がキヤノンマーケティングジャパンの新たな収益源となる可能性があります。Network All Cloudは、高度な技術力を持つ企業にとって重要なインフラとなり得ます。キヤノンがこの分野での強みを発揮し、Network All Cloudの提供者としての地位を確立すれば、長期的には株価に正面向きの影響をもたらす可能性があります。一方で、この契約による短期的な株価変動は、投資家の期待値や市場全体の動向にも大きく依存します。例えば、業界の他のプレーヤーが同様の戦略を採るかどうか、またはNetwッrk All Cloudの需要がどの程度存在するかなど、さまざまな要素が影響を及ぼします。また、契約の具体的な条件や期間、そしてキヤノンがNetwork All Cloudをどのように活用するかについての詳細も、株価に与える影響を決定付ける重要な要素です。株価チャートの分析においては、過去の株価データを基にトレンドやリバランスを検討します。キヤノンマーケティングジャパンの株価がNetwork All Cloudに関するニュースやその他の関連事項に反応しているかを確認することが重要です。また、業界全体や経済環境の動向も同時に考慮に入れる必要があります。

タナベコンサルティンググループ<9644>

タナベコンサルティンググループ<9644>
市場・商品区分プライム(内国株式)
33業種区分サービス業17業種区分情報通信・サービスその他
始値1237円終値1348円
高値1348円安値1237円
前週末比+111円(+8.97%)売買高85800株
会社概要

中小企業向け総合経営コンサル。人材育成やセールスプロモーション、DXコンサル等。

配当46円PER28.74
配当利回り3.41%PBR2.06
配当性向98.08EPS46.9
時価総額23601百万円貸借倍率0
3日午前11時ごろ、子会社タナベコンサルティングが、リコー<7752>子会社のリコージャパンと連携し、全国の中堅・中規模企業のDXを支援すると発表。これを受けて今週は前週末比+8.97%の1348円で取引を終了しています。株価チャートの分析においても、この発表は短期的には株価の上昇を引き起こす可能性があります。投資家たちは、事業の成長戦略や新たな収益源の開拓につながる可能性があるこのようなビジネスパートナーや提携を好んでいます。しかし、長期的な視点では、実際の業績や成果の実現が最も重要となります。そのため、タナベコンサルティンググループとリコージャパンの提携が実際にどの程度その目標を達成できるか、そしてその結果がどのように投資家の利益に反映されるかが注目されるでしょう。

明日の監視銘柄

  • ダイドーリミテッド<3205>
  • ENECHANGE<4169>
  • 大黒屋ホールディングス<6993>
  • ブライトパス・バイオ<4594>

勢いがありそうなところを。。。

最後に

最近、優待が届き始めていますね。

日本製紙の優待が初めて届いたのですが結構いい感じですね。

ティッシュやトイレットペーパー、キッチンペーパーなどの消耗品で使わないことはないのでいいですね。

特にメーカー等にこだわりもないものですし結構いいのかなと。

ただ、日本製紙の優待を取った記憶がないのでどこの証券会社で買ったものなのか不明なのが怖いです。

100銘柄もないくらいですが優待の管理はほぼできていないので優待投資家の人はすごいなと思います。。。

価格もほぼ動かないのでほとんど放置していますし決算くらいはしっかり読み込んでもいいのかなと。

それで来週も頑張っていきましょう!では!

ブログランキング

株式投資ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資ランキング

ニュース情報参考 株探(かぶたん):https://kabutan.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました