a

【日経:178円安、4日続落】 マクロミル<3978>東邦亜鉛<5707>ケイアイスター不動産<3465>今日のデイトレ11月10日

今日のデイトレ

市況概観

名前始値高値安値終値前日比(%)売買高
日経平均株価29209.0629296.8829079.7729106.78-178.68(-0.6%)1153290500
TOPIX2017.672021.612006.52007.96-10.81(-0.5%)1153290500
マザーズ指数1109.641123.831107.511117.595.58(0.5%)81234300
日経JQ3981.573994.13977.933982.34-0.87(0%)56339700

本日の日経平均は前日比-178.68円の29106.78円で取引を終えています。

当日の日経平均株価チャート

米10年国債利回りが1.50を下回り金融株があんまりよくなかったですね。

勢い的には2万9000円台を割り込みそうでしたがぎりぎり耐えていました。

ハンセン指数につられてかアジア市場全体で株安となっており雰囲気は良くなかったです。

本日の上昇率ランキング

順位銘柄名<コード>現在値(円)前日比(%)前日比(円)出来高(株)
1WisdomTree 天然ガス上場投資信託<1689>3+50.00%+116,280,800
2エー・アンド・デイ<7745>1,326+29.24%+3001,297,500
3理経<8226>398+25.16%+8024,469,100
4デジタルハーツホールディングス<3676>2,269+21.40%+4001,023,900
5夢展望<3185>463+20.89%+8063,800
6東京貴宝<7597>2,350+20.51%+400200
7京極運輸商事<9073>891+20.24%+15043,300
8サマンサタバサジャパンリミテッド<7829>174+20.00%+297,282,900
9プレイド<4165>3,085+19.39%+5011,473,400
10光ビジネスフォーム<3948>621+19.19%+10043,900

今日のデイトレ

マクロミル<3978>

マクロミル<3978>
市場・商品区分市場第一部(内国株)
33業種区分情報・通信業
17業種区分情報通信・サービスその他
前日比+60円(+7.04%)
始値855円
高値913円
安値850円
終値912円
売買高281700株

マーケティングリサーチ。ネット調査・分析サービス。

同社は9日、大塚製薬の男性化粧品ブランド「UL・OS」のプロモーションにおいて、新広告ソリューション『Macromill Ads』が活用されたと発表。これを受けて本日は前日比+7.04%の912円で取引を終了しています。前に見たときとそんなに変わってないですね。こういうの銘柄って今の環境だともっと上げてもよさそうだなと思っていたのですが。。。11日が決算発表予定らしいですがどうなるんでしょうか。

東邦亜鉛<5707>

東邦亜鉛<5707>
市場・商品区分市場第一部(内国株)
33業種区分非鉄金属
17業種区分鉄鋼・非鉄
前日比-500円(-16.76%)
始値2483円
高値2548円
安値2483円
終値2483円
売買高1122200株

亜鉛・鉛の製錬。環境リサイクルや電子材料も。

同社は9日、22年3月期連結業績予想について、売上高を1097億円から1105億円(前期比6.8%増)へ、営業利益を81億円から84億円(同42.5%増)へ上方修正すると発表。これを受けて本日は前日比-16.76%の2483円でストップ安となっています。鉛、ニッケル価格高騰を受けてかなり期待が膨らんでいたんでしょうか?決算自体は問題なさそうな感じなのでジャパンって感じですね。

ケイアイスター不動産<3465>

ケイアイスター不動産<3465>
市場・商品区分市場第一部(内国株)
33業種区分不動産業
17業種区分不動産
前日比+1000円(+16.23%)
始値6600円
高値7160円
安値6510円
終値7160円
売買高1133000株

首都圏で1次取得者向け分譲住宅。注文住宅やリフォームなど。

9日、22年3月期の連結業績予想について、売上高を1850億円から1900億円(前期比22.0%増)へ、営業利益を200億円から243億円(同93.4%増)へ、純利益を130億円から150億円(同96.9%増)へ上方修正したと発表。これを受けて本日は前日比+16.23%の7160円でストップ高となっています。期末配当予想についても、115円から130円に引き上げると発表していていい感じです。去年から定期的に取り上げていますがかなりいい感じですね。期待。

最後に

ESPフォーキャスト調査に記載の7~9月期のGDP成長率予測が前年比年率で-0.56%になっているようですね。

21年全体でも結構マイナスになったみたいですがどうなんでしょうか?

9月までは緊急事態宣言がありましたし10月以降はかなり持ち直しそうです。

新規感染者数もかなり減ったので緊急事態宣言解除だけでは不安で外に出ない層が外出してそうですし想定よりプラスになりそうだなと。。。

いい感じになってくれることを祈っています。

それでは明日も頑張っていきましょう!では!

ブログランキング

株式投資ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました