【来週の監視銘柄】2024年5月第5週5月27日~5月31日 ~長期金利上昇、怪しい雰囲気~

今日のデイトレ

市況概観

名前始値高値安値終値前週末比(%)売買高
日経平均38766.2139141.993761738487.9-158.21(-0.41%)859979
TOPIX2749.62783.822696.052772.4929.95(1.09%)859979
マザーズ609.06625.07594.16618.4910.35(1.7%)417143800
日経VI16.8918.4715.8516.84-0.12(-0.71%)
NYダウ39028.9939028.9938000.9638686.32-383.27(-0.98%)1448053932
NASDAQ16988.3217032.6616445.5416735.02-185.77(-1.1%)5171560133
S&P5005315.915315.915191.685277.51-27.21(-0.51%)
香港ハンセン18606.0219000.5218077.3918079.61-529.33(-2.84%)
上海総合3094.143130.313085.383086.813-2.06(-0.07%)
国債先物11700.811700.811700.811700.8-49.1(-0.42%)

今週の日経平均は前週末比-158.21円の38487.9円で取引を終えています。

NI225

05月27日(月):日本市場は反発しました。押し目買いの動きが強まり、特に電気・ガス業、海運業、医薬品が主に買われました。一方で、不動産業、鉱業、証券・商品先物取引業が売られる傾向にありました。

05月28日(火):日経平均は小反落し、終値は前日比44円安の3万8855円でした。米国市場の休場により、材料不足となり、方向感に欠ける展開となりました。

05月29日(水):日経平均は前日比298.50円安の38556.87円で取引を終え、続落しました。国内金利の上昇を嫌気した売りが強まりましたが、安達日銀審議委員の発言により下げ渋る場面も見られました。

05月30日(木):日経平均は大きく下落し、前日比502円74銭安の3万8054円13銭で3日続落しました。国内外の長期金利上昇を警戒したリスク回避の売りが見られました。

05月31日(金):日本市場は反発し、金利上昇が国内景気に与える影響が警戒される中、高金利が収益を押し上げると期待される銀行や証券など金融株が上げを主導しました。

※本投稿はGPT4を使用した投稿になっているため、情報は不正確な可能性があります。

今週の上昇率ランキング

順位銘柄名<コード>現在値(円)前週末比(%)前週末比(円)出来高(株)
1クオリプス<4894>5,030+67.67%+2,03012,751,500株
2京極運輸商事<9073>1,359+60.07%+5101,938,300株
3新東<5380>2,388+56.28%+860356,400株
4アスタリスク<6522>693+54.69%+2459,883,100株
5エスポア<3260>2,700+44.77%+835113,400株
6エヌ・ピー・シー<6255>1,184+36.25%+31526,182,000株
7AHCグループ<7083>1,278+31.75%+3085,835,500株
8サイジニア<6031>1,068+31.20%+2547,754,700株
9大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>3,030+30.89%+71514,502,600株
10トリプルアイズ<5026>1,335+28.74%+2987,396,400株

今週のまとめ

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>
市場・商品区分プライム(内国株式)
33業種区分非鉄金属17業種区分鉄鋼・非鉄
始値2982円終値3030円
高値3090円安値2962円
前週末比+76円(+2.57%)売買高2785200株
会社概要

日本製鉄・神鋼系。高品質金属チタン。航空機向け。

配当50円PER15.7
配当利回り1.65%PBR2.89
配当性向25.91EPS192.99
時価総額111504百万円貸借倍率0.15
前週末24日に決算説明会を開催し、資料をホームページで公開した。このなかで欧米民間航空機向けのチタン展伸材需要は中長期的に拡大するとの見方を示しつつ、スポンジチタンの需給ひっ迫懸念が強まっているとし、生産能力の拡充のための投資計画の具体化を加速すると表明。これを受けて今週は前週末比+2.57%の円で取引を終了しています。この発表は、チタニウム関連製品の需要増加や生産力の強化に対する期待感を高め、株価に正面向きの影響を与えると考えられます。特に、航空業界での使用が増える可能性があるチタン展伸材の需要拡大は、その材料の重要性を一層高め、市場での競争力を強化する要因となります。一方で、スポンジチタンに関しては供給不足の問題が浮上しており、これが価格上昇や生産難などに繋がる可能性がありますが、生産能力の拡充への投資計画の加速は、この問題に対処するための積極的な対応と解釈できます。株価チャートの分析においても、このような情報の発表は通常、株価の上昇につながります。投資家たちは企業の将来性に対する信頼感を深める情報を受け取り、株式への投資意欲を高めます。しかし、具体的な株価動向は多くの要素によって左右され、市場全体の動向や他の経済指標、さらには企業の財務状態などの詳細な分析も必要となります。結論として、大阪チタニウムテクノロジーズの決算説明会におけるこれらの発言は、企業の成長戦略と市場での競争力強化に対する投資家の期待を高める可能性があります。株価に与える直接的な影響は、市場の反応やその他の経済的要素により変動しますが、企業の未来への展望と生産能力の強化への取り組みは、長期的な投資家にとって魅力的な要素となっています。

オルガノ<6368>

オルガノ<6368>
市場・商品区分プライム(内国株式)
33業種区分機械17業種区分機械
始値8570円終値8810円
高値8860円安値8530円
前週末比+350円(+4.14%)売買高345700株
会社概要

東ソー系。水処理エンジニアリング。電力、半導体関連向け純水製造装置。

配当106円PER25.14
配当利回り1.2%PBR3.97
配当性向30.25EPS350.44
時価総額408428百万円貸借倍率58.6
岩井コスモ証券は24日、同社株の投資判断「A」を継続するとともに、目標株価を9200円から9600円に引き上げたと発表。これを受けて今週は前週末比+4.14%の8810円で取引を終了しています。株価チャートの分析において、このような投資判断の変更は、特定の時間帯での大きな注目点となります。株価が目標価格に達したり、それを超えたりすることで、買い注文が増加し、売り注文が減少する可能性があります。これにより、株価は上昇する傾向にあります。しかし、市場は瞬息万変であり、他の要因(例えば、関連するニュース、経済指標、業界の動向など)も株価に影響を与えます。この発表を受けて、オルガノの株価がどのように反応するかは、市場参加者間での期待値や、上記のような外部要因によって大きく左右されるでしょう。また、投資家たちはこの情報を基に、自身のポートフォリオ調整や新たな投資判断を行うことがあります。総じて、岩井コスモ証券によるオルガノの株価目標価格の上昇は、企業の視点からの信頼性とその将来性への期待を示しています。この情報は、投資家たちにとって重要な参考材料となるだけでなく、株価の短期的な動向にも影響を与える可能性があります。

湖北工業<6524>

湖北工業<6524>
市場・商品区分スタンダード(内国株式)
33業種区分電気機器17業種区分電機・精密
始値2318円終値2360円
高値2360円安値2303円
前週末比+49円(+2.12%)売買高73700株
会社概要

アルミ電解コンデンサー用のリード端子や通信網用光部品の製造・販売。

配当23円PER27.22
配当利回り0.97%PBR3.17
配当性向26.53EPS86.7
時価総額63720百万円貸借倍率0
27日、次世代海底ケーブルシステム向けの新たなマルチコアファイバ接続光部品を開発し、マルチコアファイバとしては世界最長となる1万8090キロメートルの光ファイバ伝送の実証に貢献したことを発表。これを受けて今週は前週末比+2.12%の2360円で取引を終了しています。まず、この技術の開発は湖北工業の技術力を示す重要な証拠であり、業界での地位を強化する可能性があります。海底ケーブルシステムは、通信やデータ送信において不可欠な役割を果たし、より高速で信頼性の高い通信を可能にすることで、企業の利益を増加させる可能性があります。また、この技術の成功は、湖北工業が持つ知的財産権を強化し、将来的な収益源を確保する可能性もあります。株価への影響については、投資家からの反応が注目されます。技術革新は通常、企業の未来の成長予想を高め、株価に正の影響を与えます。しかし、実際の市場反応は多くの要素によって左右されるため、具体的な株価動向を正確に予測することは難しいです。株価チャートの分析においては、過去のトレンドや市場全体の動向、関連するニュースの影響などを考慮に入れる必要があります。この発表を受けて、湖北工業の株価は短期的に上昇する可能性がありますが、長期的な視点では、技術革新がどのように企業の収益に変換されるか、またその成長戦略がどのように実現されるかが重要となります。投資家にとっては、企業の財務状況、事業展開、市場環境などの詳細な分析を行いながら、適切な判断を下すことが求められます。結論として、この技術の開発は湖北工業の競争力と潜在的な収益力を強化する可能性がある一方で、株価への具体的な影響は多くの要素によって決定される複雑なプロセスであることを理解することが重要です。

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>
市場・商品区分プライム(内国株式)
33業種区分小売業17業種区分小売
始値2457円終値2489円
高値2501円安値2450円
前週末比+31円(+1.26%)売買高1021800株
会社概要

阪急百貨店と阪神百貨店が統合。スーパーのオアシス、イズミヤ、関西スーパーも。

配当40円PER11.7
配当利回り1.61%PBR1.07
配当性向18.8EPS212.74
時価総額311626百万円貸借倍率0.57
岩井コスモ証券は27日、同社株の投資判断「A」を継続するとともに、目標株価を2400円から2600円に引き上げた。これを受けて今週は前週末比+1.26%の2489円で取引を終了しています。まず、投資判断の「A」の継続は、岩井コスモ証券がこの企業に対する信頼性と成長性を評価していることを示しています。「A」ランクは、投資家にとって非常にポジティブな評価であり、この企業への投資意欲を高める可能性があります。また、目標株価の上昇は、その企業の将来的な価値を上方修正していると解釈され、株価にプラスの影響を与えることが予想されます。株価チャートの分析においても、これらの情報は明らかな影響を及ぼします。目標株価の上昇は、買い気味のトレンドを強化し、株価が上昇する可能性を高めます。しかし、株価の動きは多くの要素によって左右されるため、一時的な変動も起こり得ます。投資判断の改善を受けて、投資家からの購入圧力が増す一方で、既存の株主からは売却圧力が減少する可能性があります。総じて、岩井コスモ証券によるエイチ・ツー・オー リテイリングの投資判断と目標株価の上昇は、株価に肯定的な影響を与えると考えられます。投資家たちはこれらの情報を基に、自身のポートフォリオ調整を行うかもしれません。ただし、株価の動向は瞬息万変であるため、定期的に市場動向をチェックし、必要に応じて行動を起こすことが重要です。

明日の監視銘柄

  • FHTホールディングス<3777>
  • 新東<5380>
  • ジェイック<7073>
  • インフォコム<4348>
  • トラース・オン・プロダクト<6696>

金曜に上げてしまったのであまり期待はしていないですが。。。

最後に

今週から銘柄について記載しているAIのモデルを変更しました。

GPT-4を使用していましたが、他モデルも試したくなったので。。。

これまでプログラミングとかで使用していたモデルなのですが、銘柄についてもいい感じに出力できていてGPT-4よりもいい感じだったので利用しています。

4oも割といい感じだとは思いますが最新の情報については利用しにくいので一旦はパスですかね。

今使っているモデルは出力も綺麗な文章で、体裁を整える必要もないのでかなり良きです。

とりあえず半年くらいは使ってみようかなと思います。

と思ったのですが、市場概観かけないっぽいですね。

部分的にGPT4も使っていこうかなと思います。

それで来週も頑張っていきましょう!では!

ブログランキング

株式投資ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ投資ギャンブル ブログサイトランキング株式投資ランキング

ニュース情報参考 株探(かぶたん):https://kabutan.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました