a

【日経:4005円高】 アールプランナー<2983>中外製薬<4519>ワタミ<7522>今日のデイトレ12月8日

今日のデイトレ

市況概観

名前始値高値安値終値前日比(%)売買高
日経平均株価28792.8928897.4428621.4728860.62405.02(1.4%)1219770000
TOPIX2006.182008.641994.512002.2412.39(0.6%)1219770000
マザーズ指数1055.551066.251053.481062.5822.68(2.2%)102068900
日経JQ3920.133934.963918.923934.6128.75(0.7%)75260200

本日の日経平均は前日比+405.02円の28860.62円で取引を終えています。

当日の日経平均株価チャート

今日でほぼほぼ200日移動平均線まで戻しましたね。

米国市場、欧州市場で大幅高となったことを受けてかほとんどオミクロン株の拡大前の水準まで戻しましたね。

今のところ、オミクロン株に関して重症化率が高そうみたいな予測が出ていないところを評価している感じですかね。

特に何もなければこのまま株価にも大きな影響を与えることなく終わりそうですがどうですかね。。。

本日の上昇率ランキング

順位銘柄名<コード>現在値(円)前日比(%)前日比(円)出来高(株)
1シーズメン<3083>1,670+46.36%+5299,299,900
2ウチダエスコ<4699>4,110+30.06%+950301,100
3日本精密<7771>78+30.00%+1812,483,900
4アプリックス<3727>170+25.93%+354,385,100
5アミタホールディングス<2195>8,650+20.98%+1,50096,300
6ワンキャリア<4377>2,960+20.33%+500712,400
7NCホールディングス<6236>1,785+18.60%+280158,700
8Delta-Fly Pharma<4598>1,513+18.39%+235460,700
9イーエムネットジャパン<7036>4,625+17.83%+70024,100
10アールプランナー<2983>10,620+16.45%+1,500131,500

今日のデイトレ

アールプランナー<2983>

アールプランナー<2983>
市場・商品区分マザーズ(内国株)
33業種区分不動産業
17業種区分不動産
前日比+1500円(+16.45%)
始値10020円
高値10620円
安値9430円
終値10620円
売買高131500株

愛知県を中心に注文住宅の請負や、分譲住宅販売など。

7日、太陽光発電で作られた電気を自宅で貯めることができる米テスラの家庭用蓄電池「Powerwall」の取り扱いを開始したと発表。これを受けて本日は前日比+16.45%の10620円で取引を終了しています。9月に上げてからずっと上げていていい感じですね。25日移動平均線を3か月以上割り込んでいないのはなかなか強いです。利確ラインが分かりやすくてやりやすそうです。

中外製薬<4519>

中外製薬<4519>
市場・商品区分市場第一部(内国株)
33業種区分医薬品
17業種区分医薬品
前日比+246円(+6.78%)
始値3788円
高値3904円
安値3769円
終値3874円
売買高3830100株

医薬品大手。ロシュ傘下、タミフルなど。抗がん、関節リウマチ剤。

EMA(欧州医薬品長)が新型コロナ重症患者向けにロシュの関節リウマチ薬「ロアクテムラ(トシリズマブ)」を治療薬として使用できるように勧告。これを受けて本日は前日比+6.78%の3874円で取引を終了しています。FDAは6月に緊急使用許可出していますし、更にいい感じになりそうです。欧州での使用が許可されるとなると業績にもかなり影響出てきそうです。期待。

ワタミ<7522>

ワタミ<7522>
市場・商品区分市場第一部(内国株)
33業種区分小売業
17業種区分小売
前日比+12円(+1.33%)
始値913円
高値919円
安値903円
終値915円
売買高81400株

居酒屋チェーン「和民」。高齢者向け・宅配弁当も。

本日午後1時に、すし事業に参入すると発表。これを受けて本日は前日比+1.33%の915円で取引を終了しています。錦糸町南口駅前店に9日オープンの様ですね。ブラック企業として悪名高い同社ですがどこまで価格を抑えてくるかは注目したいです。一回くらいは食べに行ってもいいかもですね。

最後に

オミクロン株に関して、続々と情報が出てきていますね。

7日、南アフリカのアフリカ健康研究所は、オミクロン株に対してファイザーの新型コロナウイルスワクチンの効果が低下する可能性を示す初期段階の研究結果を発表しています。

まだレビュー前の結果みたいですが現状の状態と一致していますし信ぴょう性は高そうです。

今のところ、重症化率も低そうな報告が多いですし、それを株価にも反映してそうです。

ただ、第6波になる可能性は国内でも十分あるので気を付けておくことは忘れないようにしたいですね。

国内で4人目のオミクロン株の感染が確認されているみたいなのでしっかりと注意はしたいところです、

それでは明日も頑張っていきましょう!では!

ブログランキング

株式投資ランキングに参加しています!クリックで応援よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました